【画像付き】BOSCOボスコオートキャンプベースの魅力を徹底解説!




ホーム » キャンプ » 【画像付き】BOSCOボスコオートキャンプベースの魅力を徹底解説!
  • ボスコのキャンプ場ってどんなところ?
  • 予約が取れないほど人気の理由は?
  • 設備や環境を知りたい!

都心から車で1時間半〜2時間程と近い場所にあるボスコ(BOSCO)オートキャンプ場。人気が高いので気になっている方も多いのでは?

そこで昨年までに3度ボスコを訪れている私、フラミーがその魅力とデメリットを実際に訪れた写真付きで解説していきます。

初めて行ったのが2020年の9月。それからここのキャンプ場が好きになり、2021年には2度行訪れました!

ボスコファンが増えて予約が取りづらくなるのは困りますが、良いとこ・悪いとこをしっかりとお伝えしていきます!

主婦キャンパー・フラミー

ボスコはとても素敵なキャンプ場です! 頑張って予約を取って楽しいキャンプを過ごしましょう♪

道具がなくてもキャンプが楽しめる!

キャンプに興味があるけど、道具を持っていない方必見!

一式が揃ったレンタルセットがあるので初心者でも安心

自宅に届き、返却も自宅からでOK!

道具を買わなくても気軽にキャンプを楽しめますよ!

手ぶらキャンプを楽しむ【hinataレンタル】

ボスコの基本情報

『BOSCOボスコオートキャンプベース』は、神奈川県秦野市の丹沢にあるキャンプ場です。東名高速の秦野中井ICから約40分ほどの場所です。

住所神奈川県秦野市丹沢寺山75
電話番号TEL:0463-75-3273
チェックイン12:00〜 (アーリー可能日のみ 10:00〜)
チェックアウト11:00
利用料金利用のキャンプサイト毎に設定
(オートキャンプ料金)
平日 5100円〜 ・ 土日 8100円〜 ・ ハイシーズン 10200円〜
レンタルテント、タープ、シュラフなど各種あり 予約時に選択
売店小さい売店あり。薪も売っています。
予約方法ホームページよりネット予約
ホームページ『BOSCO Auto camp base 』
http://www.moroto.co.jp/bosco/index.html
ボスコオートキャンプベース 基本情報
主婦キャンパー・フラミー

ボスコは市街地を抜けた後は ひたすら山道を登っていきます! 道はくねくねで初心者ドライバーさんは大変かも。事前に道の確認をしっかりしておくといいと思います。

丹沢にあるヤビツ峠の写真です。ボスコに行く途中で撮ったものです。
ボスコの手前にあるヤビツ峠の売店

ボスコの魅力

ボスコは良いところがたくさんあります!

実際にボスコオートベースキャンプ場へ行った時の写真です。入り口の看板が写っています。
ボスコの入り口にある看板にて
ボスコオートベースキャンプ場の受付の写真です。
こちらが受付です。かっこいい!

サイトの側に川が流れている

ホームページのマップからもわかるように、各サイトのそばに川が流れています。ほぼどのサイトからもすぐに川に行けます。

出典・ボスコオートキャンプベースHP
ボスコオートベースキャンプ場の100番サイトの写真です。
100番エリア
ボスコオートベースキャンプ場の200番サイト横の川の写真です。
200番エリア
ボスコオートベースキャンプ場のサイトの横に流れている川の写真です。みんなで川遊びをしています
300番エリア
ボスコオートベースキャンプ場のサイトの横に流れている川の写真です。
夏でも川の水は冷たい!
フラミー

夏に訪れた際に思いっきり川遊びができました!これには家族みんなで大興奮♪

全体的に浅めの川なので、子供たちも遊びやすいです。川の底は岩場で素足では危険です。川遊びをするのであればウォーターシューズは必須ですよ。

各サイトにピクニックテーブルが設置されている

あまり他のキャンプ場で出会ったことがないのですが、椅子付きのピクニックテーブル各サイトに設置されています。テントを設営する際や、撤収する際の荷物置きにとっても便利です。

ボスコオートベースキャンプ場の写真です。200番台のサイトが写っています。
テーブルは自由に動かせます

もちろん普通にテーブルとしても使えます♪

ボスコオートベースキャンプ場のサイトのピクニックテーブルでおやつを食べている写真です。
川遊びの休憩でお団子食べてます(笑) 濡れてても座れて便利!

蚊やヒルはいない!?

今まで夏と秋に利用しましたが、どちらの季節も蚊は出ませんでした。アブや蛾など他の虫はいますが、特に刺されたりなどは無く快適に過ごせます

ヒルはサイトには出ませんでしたが、夏にシャワーを利用した際にいました。(見たのは一匹でしたが怖かったです)

心配な方は塩で対策することをオススメします。

私が愛用している蚊取り線香の写真です。
我が家で愛用しているパワー森林香

このパワー森林香は威力があるので、いつも焚いています!

水場ではお湯が出る

炊事場の水道はお湯が出るので、寒い日や油汚れのある時にはとっても助かります。

環境に配慮された台所洗剤やハンドソープも置いてあります。

ボスコオートベースキャンプ場の中央にある炊事場の写真です。
設備もバッチリ
ボスコオートベースキャンプ場の炊事場の備え付けの洗剤の写真です。
洗剤があるのはありがたいです

トイレは綺麗でウォシュレット付き

トイレはとってもきれいです。ウォシュレット付きで便座も温かいです。ハンドソープもあります。

ボスコオートベースキャンプ場の受付近くにあるトイレの写真です。
受付近くにある新しいトイレ
ボスコオートベースキャンプ場の中央にあるトイレの写真です。
中央付近にあるトイレ

シャワーは24時間入れます

シャワー室は2カ所。受付の近くと中央付近にあります。

ボディーソープとシャンプーあり。5分200円

ボスコオートベースキャンプ場のシャワールームの写真です。
受付近くのシャワー室
ボスコオートベースキャンプ場の中央にあるシャワールームの写真です。
中央付近のシャワー室

自動販売機もあり

私が確認した限りでは3カ所ありました。

1つ目は受付の横。2つ目は受付近くの炊事場の横。3つ目は中央付近のシャワー室の前にあります。値段を確認し忘れましたが、そんなに高くなかったかと思います。

ボスコオートベースキャンプ場の自動販売機の写真です。
受付近くの自販機

ゴミも捨てられる

ボスコはゴミも捨てられます。燃えるゴミ・プラゴミ・ビン・缶・ペットボトル・ガス缶も可能です。しっかりきちんと分別して捨てましょう。

生ゴミは炊事場に捨てる場所があります。

ボスコオートベースキャンプ場のゴミ捨て場の写真です。
ゴミステーション

ピザ窯もレンタル可能

ボスコにはピザ窯もあります。

1時間1500円でレンタルできるそうです。ピザ以外にも釜を使って料理を楽しむのもいいですね♪

ボスコオートベースキャンプ場のピザ釜の写真です。
本格的な窯

ニジマスが釣れる釣り堀がある

川の一角にニジマスが釣れる釣り堀があります。

釣竿などレンタルできるので、子供と一緒に釣りを楽めます♪

釣ったニジマスはもちろん食べることができるそうですよ。

ボスコキャンプ場にある釣り堀の写真です。
よく見るとニジマスがたくさん

夜は静かで星が見える

ボスコはファミリー層が多いので、夜も静かな印象です。

丹沢の大自然の中にあるキャンプ場なので、晴れていれば星がきれいに見えますよ♪

ボスコオートベースキャンプ場で焚き火をしている写真です。
夜は焚き火が落ち着きますね。レインボーファイアーを入れてカラフルな炎に♪

ボスコのデメリット

ボスコはとてもいいキャンプ場ですが、デメリットもあります。とは言っても大きな問題ではないのですが、気になる方はいると思いますのであげておきます。

予約が取りづらい

ボスコは人気の高いキャンプ場ですが、サイトの数は約60程。そのため、週末の予約は予約開始と共にすぐに埋まってしまいます。予約する際は対策が必要になってきます。

冒頭でも紹介しましたが、予約についてはこちらの『ボスコの予約の方法と対策』で詳しく説明しています。

サイトの利用料金が高め

平日は5100円〜、土日で8100円〜、ハイシーズンで10200円〜となっています。車代など全て込みの料金ですが、他のキャンプ場と比べて料金は高めです。

フラミー

私は設備もいい素敵な環境なので、この値段でも納得しています。 むしろ料金が高いので、ここを利用する人はマナーの良い方が多い印象です(個人的な感想ですが)

砂利のサイトでペグが刺さりづらい

砂利だと水捌けはいいのですが、その反面ペグを指すのに苦労します。しっかりとした金属のペグがオススメです。

ボスコオートベースキャンプ場でテントを張った写真です。
全然刺さらないと夫がいつも苦労しています

このような金属ペグを使用した方がいいです。

キャンプ場の周辺情報(スーパー・日帰り温泉)

ボスコキャンプ場は丹沢の山の中なので、周辺にお買い物ができる場所はありません。市街地までは約30分かかります。キャンプ場に売店はありますが小さいです。必要なものは事前に準備してからキャンプ場へ向かいましょう。

イオン秦野店

キャンプ場から1番近いスーパーです(約30分) 我が家はキャンプ場に向かう前に、いつもこちらで食材を調達しています。

ショッピングモールになっているのでとても大きいです。一通りの物はこちらで調達ができます!

カインズ秦野店

キャンプ場から1番近いホームセンターです(約30分) 炭やキャンプ道具などの忘れ物はこちらで揃いそうですね。

日帰り温泉

秦野には温泉施設がたくさんあります。キャンプ場から帰る際に立ち寄って汗を流せますよ!

フラミー

我が家のオススメは以下の3つ。それぞれに違う良さがありますよ!

はだの・湯河原温泉 万葉の湯のクーポンはこちら

まとめ

いかがでしたか? 今回はボスコオートキャンプベースの魅力についてご紹介しました。都心からすぐに行けて、自然をたくさん感じられる素敵なキャンプ場です。

ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか?

フラミー

わが家がボスコに行ってきたキャンプレポもアップしています⇩